妊娠中の歯科治療(マタニティ歯科)

ママのお口のケアが子供の健康を守ります

ママのお口のケアが子供の健康を守ります

妊娠中は虫歯や歯周病にかかりやすくなることをご存じですか? ホルモンの分泌量やだ液の成分の変化が要因で、お口の中の環境が大きく変わることが影響しています。妊婦のお口の健康は自分だけの問題ではなく、胎児にも影響を与える可能性があるのです。

生まれてくる大切なお子様のためにも、時期にあった適切なケアで、お口の健康を守りましょう。大和市大和駅徒歩5分の歯医者「よりおかガーデン歯科クリニック」が、妊娠中の歯科治療についてご紹介します。

要注意!妊娠性歯周炎

要注意!妊娠性歯周炎

妊娠中にはエストロゲンやプロゲステロンといった、女性ホルモンの分泌が活発になります。これらのホルモンは歯周病菌が繁殖しやすい状態をつくりだし、血管や免疫にも変化を与えます。そのためごく少量のプラーク(歯垢)や歯石でも、歯ぐきの腫れや炎症が起こりやすい状態です。それによって起こる妊婦の歯周病を、「妊娠性歯周炎」と呼びます。

生まれてくる赤ちゃんへの影響

妊娠性歯周炎には、特に注意が必要です。妊婦の喫煙や飲酒、歯周病などへの感染は、低体重児出産のリスクを高めます。歯周病にかかっている人が低体重児出産を経験する割合は、かかっていない人とくらべ、約7.5倍。生まれてくる赤ちゃんのために、適切なケアは必要不可欠なのです。

妊娠中の治療に適した時期

妊娠中の治療に適した時期

妊娠中に「歯科治療を受けてはいけない」という時期は、基本的にありません。しかし、妊娠初期はつわりなどの影響で、体調が不安定になります。流産の危険性もないとは言い切れないので、痛みへの不安や緊張を感じやすい歯科治療は、避けたほうが無難です。妊娠初期は応急処置程度にとどめ、安定期(妊娠中期)に入った段階で治療をはじめましょう。

妊娠中期に入ると歯科治療におけるリスクはほとんどありません。ただし妊娠中は胎児への影響を避けるために薬が飲めないので、鎮痛剤を使えない点には注意が必要です。そのため緊急の場合をのぞき抜歯は行わず、できる限り出産後の処置をおすすめしております。

よくある疑問にお答えします!

疑問その1 レントゲン

レントゲンは撮っても大丈夫ですか?
妊婦さんには基本的にレントゲン撮影はしておりません

レントゲンは放射線の一種であるX線を利用し、人体の内部を透過撮影する機械です。妊婦の方がレントゲン撮影をしても問題がないと言われていますが、子供がいることで安全の確認ができていません。よってレントゲン撮影は行っていないのです。

疑問その2 麻酔

麻酔を打っても大丈夫ですか?
歯科治療用の局所麻酔は、妊娠中に打っても大丈夫。治療の痛みによる、緊張やストレスのほうが問題です。

妊娠中は精神的にも肉体的にも、大変デリケートな時期です。痛みを与えないことが、母体と胎児にとって大原則と言えます。当院では表面麻酔をした上で電動麻酔を用い、早さと圧力をコントロールしながら麻酔を注入しています。痛みの少ない治療につとめておりますので、ご安心ください。

疑問その3 薬

痛み止めを飲みたいのですが……。
できる限り飲まないようにしましょう。

妊娠中は胎児への影響を避けるため、基本的に薬は飲めません。痛み止めはよくないと言われているので、できる限り避けましょう。どうしても必要な場合、当院ではカロナールといった、妊婦に適しているといわれるものを選んでお出ししています。

神奈川県大和市|診療予約|よりおかガーデン歯科クリニッ

神奈川県大和市|診療予約|よりおかガーデン歯科クリニック

ページの上部に戻る?