銀歯が気になる(審美歯科)

銀歯を白く美しい歯に~審美歯科~

銀歯を白く美しい歯に~審美歯科~

笑ったときに白い歯のなかに銀歯が見えると、どうしても目立ってしまいます。「銀歯が気になって笑顔に自信が持てない」。そんな方におすすめなのが、審美歯科です。

大和市大和駅徒歩5分の歯医者「よりおかガーデン歯科クリニック」では、綿密な検査と丁寧な型取りによって、患者様それぞれのお口の形を正確に把握。機能性と美しさを兼ねそなえた詰めものや被せものをご提供しております。治療後のメインテナンスもしっかりと行いますので、安心しておまかせください。

審美歯科とは

審美歯科とは

審美歯科とは、歯の見た目の美しさを重視した歯科メニューです。歯を白くしたり、天然歯に近い見た目の詰めものや被せものを使ったり、すきっ歯のすき間を埋めたり、歯の形を整えたりする処置は、すべて審美歯科に含まれます。もちろん見た目だけではなく、機能面も同時に改善します。

口もとはその人の印象を左右する大切なパーツです。多くの人が、「白く美しい歯を手に入れたい」と願っているのではないでしょうか。歯や口もとの美しさに自信が持てないでいる方は、一度当院までご相談ください。

銀歯とセラミックの違い

気になる銀歯の詰めものや被せものは、セラミック製のものに入れかえることが可能です。銀歯とセラミックには、以下のような違いがあります。
下記2つの画像はそれぞれにじまないようにしつつ、同じくくらいの大きさに見えるおに調整をお願いいたします。

  銀歯
銀歯
セラミック
セラミック
審美性 金属が目立ち、不自然な印象。 天然歯に近い透明感がある。
メリット 金属は硬いため、噛みあう天然歯を傷つける可能性がある。 硬さの調整ができるため、噛みあう歯を傷つけない。
歯ぐきへの影響 金属イオンが溶けだすため、黒ずむことがある。 なし。
健康への影響 金属イオンが溶けだすため、金属アレルギーを引き起こすことがある。 なし。

審美歯科メニュー

歯を白くするための審美歯科には、いくつかのメニューがあります。それぞれの特徴と、メリット・デメリットをみていきましょう。

※料金はすべて税抜き表記です。

e-max

e-maxe-max

特徴 メリット デメリット
世界最先端の機能性を誇るセラミック材料です。優れた特性と柔軟性を持ち合わせており、高い生体親和性、審美性を提供します。
  • 見た目が美しく、審美性に優れている。
  • 強度があるため、奥歯などにも適している。
  • 汚れが付きにくい。
  • 保険の適用が受けられないため、費用が高額に。
  • 極度の衝撃で割れることがある。
  • 支台歯の色が透ける。
e-max クラウン 39,000~
e-max インレー  39,000~
e-max アンレー 49,000~
オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

特徴 メリット デメリット
すべてセラミックでできた、最高級の被せもの。天然歯と同じような透明感があり、前歯によく使われます。すきっ歯や欠けた歯の修復に用いると、噛みあわせが少しよくなります。
  • 金属を使わないため金属アレルギーを引き起こさない。
  • 透明感があるため、天然歯に近い見た目が得られる。
  • プラーク(歯垢)がつきにくい。
  • 変色しない。
  • 保険の適用が受けられないため、費用が高額に。
  • 衝撃で割れる可能性がある。
  • 被せる際は歯を削る必要がある。
  • 天然歯より硬いため、噛みあう歯を傷つける可能性がある。
オールセラミッククラウン 108,000~
ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウン

特徴 メリット デメリット
セラミックと歯科用プラスチック(レジン)を混ぜてつくった被せもの。オールセラミックにくらべると柔らかく、周囲の歯を傷つけにくい素材です。
  • 金属を使わないため金属アレルギーを引き起こさない。
  • 天然歯に近い色合いを再現できる。
  • 噛み合う歯を傷つけにくい。
  • オールセラミックより安価。
  • 保険の適用が受けられないため、費用が高額に。
  • 経年劣化により変色する。
  • 衝撃で割れる可能性がある。
  • オールセラミックにくらべると透明感がないため、審美性に欠ける。
ハイブリッドセラミッククラウン 19,000~
セラミックインレー

セラミックインレー

特徴 メリット デメリット
虫歯治療後にできた穴を埋める、セラミックでできた詰めもの。当院では価格を抑えたハイブリッドセラミックインレーも取りあつかっております。
  • 金属を使わないため金属アレルギーを引き起こさない。
  • 天然歯に近い見た目が得られる。
  • プラークがつきにくい。
  • 変色しない。
  • 保険の適用が受けられないため、費用が高額に。
  • 割れる可能性がある。
  • 歯を削る量が多くなる。
オールセラミックインレー 39,000~
オールセラミックアンレー 49,000~
ハイブリッドセラミックインレー 14,000~
ハイブリッドセラミックアンレー 17,000~
ラミネートべニア

ラミネートべニア

特徴 メリット デメリット
歯の表面をわずかに削り、セラミック製の薄い板を貼りつけることで、歯を白く見せます。歯と歯のすき間を埋めたり、歯の形を部分的に修正したりすることも可能です。
  • 歯を削る量が少ない。
  • 通院回数が少ない。
  • 摩耗や変色をしない。
  • 保険の適用が受けられないため、費用が高額に。
  • 割れる可能性がある。
  • 歯の見た目は変えられるが、生えている向きは変えられない。
ラミネートべニア 70,000~
PICK UP! 歯の土台(コア)とは?

虫歯で歯を削ったり、何らかの理由で歯が欠損したりした場合に、欠損箇所が大きいと残った歯が被せ物を支えきれないケースがあります。被せ物をするためにはある程度の歯の強度が必要であり、歯を支える役割を担うのが土台(コア)です。当院では患者様の歯の状況やご要望にあわせて3種類の土台をご提案させていただいています。

当院が取り扱う土台の種類
保険適用外の土台 保険適用の土台
ファイバーコア
メタルコア
レジンコア
ファーバーコアをおすすめする理由

当院では、上記の3種類の土台のなかでもファイバーコアをおすすめしています。ファイバーコアは審美性と耐久性を兼ね備えた土台で、歯ぐきの変色が起こらない、体にも優しいなど多くのメリットがあります。土台は一度装着すると基本的にはずすことができないので、素材選びには慎重さが必要です。ファイバーコアは保険適用のメタルコアやレジンコアに比べて費用は高額になりますが、その分、機能性に優れています。患者様の長期的なお口の健康を考えるうえでも、当院ではファイバーコアをおすすめします。

特徴 メリット デメリット
細いグラスファイバーの繊維を樹脂を用いたクラウンを被せる際の土台です。天然歯に近い透過性があり、適度なしなやかさを兼ね備えています。金属の色が歯肉を透過して黒ずんで見えるという、金属製のコアのデメリットもありません。
  • 被せ物の透明感を損なわない。
  • 天然歯のようなきれいな仕上がりになる。
  • 丈夫だけど弾力性があるので歯根を傷つけない。
  • メタルフリーのため金属アレルギーの心配がない。
  • 歯ぐきに変色が起こらない。
  • 保険適用外のため費用が高額になる。
  • 直接法()の場合、ドクターの技量や環境の影響を受けやすい。
  • まだ導入されてから歴史が浅いため、長期的な予後には不安が残る。

型を取らないで直接歯の上で修復物を作るのが直接法

料金について

ファイバーコア

7,000円 / 1本

メタルコア・レジンコア

保険適応

当院のセラミスト(歯科技工士)をご紹介します

当院のセラミスト(歯科技工士)をご紹介します

当院では美しく機能性の高い詰めものや被せものをご提供するために、斉藤歯工という歯科技工所にセラミック技工物の製作を依頼しております。歯の色や形は、人によって千差万別です。場合によっては歯科技工士立会いのもとで、色あわせや型どりを行うこともあります。

審美歯科を希望される方で、ホワイトニングにも興味のある方は、事前にご相談ください。人工歯はホワイトニングで白くすることができません。その場合は詰めものや被せものを、ホワイトニング後の歯の色にあわせる必要があります。

  • 当院のセラミスト(歯科技工士)をご紹介します
  • 当院のセラミスト(歯科技工士)をご紹介します

神奈川県大和市|診療予約|よりおかガーデン歯科クリニック

神奈川県大和市|診療予約|よりおかガーデン歯科クリニック

ページの上部に戻る?